マイカーコース

マイカーコース

マイカーでお越しのお客様は昇仙峡の奥も目指してみましょう。昇仙峡の水晶が祀られ、金の成る木と称される「鬱金桜」で有名な「金桜神社」にはじまり、絶景の荒川ダムを目指しましょう。
さらに奥に行くと秘境「板敷渓谷」に入り、仙娥滝と並ぶほどの高さを持つ「大滝」を見ることができます。こちらは軽装で行くことができないのでご注意を。
さらに北に登ると金峰山の麓「黒平地区」へ。キャンプができる施設を持つ甲府市最北の集落になります。

マイカーコースイメージ

1金櫻神社

古来より日本三御岳・三大霊場として広く知られている神社です。この地で発掘され磨きだされた水晶「火の玉・水の玉」は神宝として有名です。また、毎年5月上旬に咲く境内の櫻は「鬱金の櫻」と呼ばれ、お金のなる木の象徴として尊ばれています。

金櫻神社

2荒川ダム

奥昇仙峡の谷間に広がる雄大な荒川ダムは、甲府市の上水道の供給と、洪水調整の多目的ダムです。今では甲府市民の重要な水瓶となっています。そしてその景観は素晴らしく、心を和ませてくれます。

荒川ダム

3板敷渓谷

急な登りを経て少し歩くと高さ30メートルの華麗な幻の滝に出会います。※ 沢歩きの服装(スニーカー、手袋、帽子)で行かれることをオススメ致します。

板敷渓谷

4黒平地区

景勝地である昇仙峡から奥に入った奥秩父の盟主「金峰山」の麓、海抜約1,000メートルに位置する甲府市最北の集落。キャンプができる施設もあります。

黒平地区