秋の昇仙峡フォトコンテスト

#昇仙峡フォトコン

しょうせんきゃっと
審査結果発表

「秋の昇仙峡 エックス フォトコンテスト」にご応募いただき誠にありがとうございました。

審査員による厳正な審査の結果、入賞作品が決定いたしました。
審査結果を発表させていただきます。

写真にクレジットが入っているもの以外、ユーザー名等の掲載は控えさせていただきます。
入賞された方には後日、エックスのDM機能を通じてご連絡させていただきます。

金賞 副賞7万円

該当者無し

銀賞 副賞5万円

非常に甲乙付け難く、複数枚を選出させていただきました。副賞賞金は5等分とさせていただきます。

写真1

昇仙峡ロープウェイを登った先にある展望台で撮られた写真です。楽しまれている様子が映っていること、太陽の使い方のうまいこと、看板の「美しい自然を守ろう」のコピーが入っていることなどが評価のポイントとなりました。

写真2

覚円峰と人が一緒に撮る写真の中で、最も良いものだと思います。海外のお客様に昇仙峡を訪れてほしいという気持ちを込めて入賞とさせていただきました。

写真3

板敷渓谷の大滝を撮った写真の中で、一番綺麗な写真を選ばせていただきました。虹のかかる時間(秋は14:00前後)に来られていること、滝上にある紅葉が色鮮やかに撮られていることなどが入賞のポイントです。

写真4

こちらは天鼓林付近にある「愛の架け橋」から撮られている写真です。紅葉の下に見えるシルエットが素敵でしたので選ばせていただきました。

以下の3枚のお写真は3枚1組で入賞とさせていただきます。

写真6
写真5
写真7

夜、覚円峰を後ろから撮り、オリオン座・冬の大三角と合わせた写真です。一番左の写真を入賞とさせていただくのですが、合わせて他の2枚も皆様に見ていただきたいと思い、3枚を1組での入賞としました。

◯◯岩名付け賞 副賞3万円

非常に甲乙付け難く、複数枚を選出させていただきました。副賞賞金は3等分とさせていただきます。

写真8

「縁結びのハート岩」と名付けられました。天鼓林付近の「愛の架け橋」で発見されたことから、さらに縁起良く感じます。

写真9

「女神の口づけ」と名付けられました。この岩は石門を構成する岩なので、◯◯岩と名前をつけるのはためらわれるのですが、ネーミングに「新しい切り口」を感じたため、入賞とさせていただきました。

写真10

「銀鯉岩」と名付けられました。仙娥滝を見つめています。水のパワースポットである仙娥滝付近に魚の頭があることの面白みを感じ選出させていただきました。

ご応募いただいたお写真は下記インスタグラムのリンクよりご覧ください

#昇仙峡フォトコン


主催:昇仙峡観光協会 お問い合わせ:昇仙峡ロープウェイ株式会社内 TEL 055-287-2111(芦澤)